フリースクールアソマナ学園 開校

Pocket

「アソマナプロジェクト」 学びプロジェクトがこの春いよいよスタート

海の自然学校を主催するNPO法人が2018年4月、さいたま市に学びのプロジェクト「アソマナアカデミー 」を開校すした。同団体では3年前より障害児の父親、母親と共同で企画した家族みんなで遊べるプロジェクトを立ち上げ海の日に開催。スクーバダイビングやスノーケリング、ドルフィンスイムなど普段なかなか経験できない海での遊びを家族全員で楽しむイベントを開催している。主催するNPO法人アソマナ(代表理事 太田樹男)では以前より要望があった学びプロジェクトに昨年より着手しこの春開校した。

子供達の一歩前を支援

「子供の成長や学習に寄り添いたい」アソマナアカデミー では勉強の遅れが気になる子供や不登校の子供たちの学びの支援を開始する。担当するスタッフは学びの発達アテンダント((公)子供の発達科学研究所コース修了者)や不登校訪問支援員が学習支援や不登校支援を行う。

「学習につまづきを感じた子供達に対して私たちは学びを発達の保護因子にしなければいけないと考えます。つまり学びの質を高める必要がある」と代表の太田は言う。アソマナアカデミーでは最先端の脳科学に基づき構築されたCIT教材(すらら ネット)を採用。自宅にいても教室に通っても同じ質の勉強ができ遅れている学習も遡り学べる事ができる。また同団体では臨床心理士や不登校専門カウンセラーなどによる個別無料相談会も実施している。今後は脳科学と運動を融合させたプログラムも導入予定。運動と学習を組み合わせた質の高い学習が子供の可能性を大きく引き出し子供の自己肯定感を高め一歩前に進める勇気を与えてくれるだろう。これからのアソマナ学園に期待を寄せたい。

不登校学習支援センター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA