発達障害の中でも学習障害のあるお子さまは、基本的な能力や理解力は問題なくても、特定分野が苦手だったりします。

就学前に自然と身に付けるとされている数や言語の基礎的な感覚の発達に遅れ、あるいは抜けがあります。従って、能力はあっても読むのが苦手、計算が苦手など特定分野に偏りが見られます。また「読む」障がいにも、ひらがなは問題なくても漢字が苦手など、その状態はさまざまです。

アソマナ学園ではこうしたお子さまの、つまずきやすいポイントを厚く指導するカリキュラム構成見やすい画面・理解しやすい説明となるよう、『子どもの発達科学研究所』の資格をもったアテンダントがお子様をサポートしています。

これらのサポートよって、お子さま自身のやり方で「できる!」ことが増えていき、この小さな「できた!」が大きな”自信” につながっていきます。

また教材も研究所監修の元作成されたアニメのキャラクターと楽しく対話しながら学習する従来のこだわりに加え、学習障害のあるお子さまの取り組みやすさに配慮したeラーニング学習教材を採用し自宅での学習をサポートしています。